特定非営利活動法人 すずかぜ工房は、手作りのせっけんを通して障がい者の方々の社会的自立を応援しております。

 

すずかぜ日記

 

ブログのコーナー

ブログのコーナー
フォーム
 
謙虚であれ
2011-09-16
先週のことですが、高校時代の部活動の先生のお通夜がありました。

私心無く、生涯を教育と音楽に捧げられ、渾身の生を全うされた先生でした。


吹奏楽部だったのですが、教えられたことは音楽のことよりも「人はどうあるべきか」といったことばかりでした。

タイトルは、そんな中で最も心に残っている言葉です。



先生への感謝とともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。
 
美しいもの
2011-09-01
汗を流すことだけが労働とは思いません。

でも

労働で流れる汗は美しいと思います。


すずかぜ工房最年長のKさん。公園の砂場整備中の姿です。

 
久々に
2011-08-13
昨日、勝手に師と仰いでいる石けん屋さんにお邪魔してきました。

すずかぜ工房立ち上げに際し、最も大きな動機となった場所です。1年に1度は伺っていたのですが、昨年は行くことができず久々に訪ねることができました。

毎回行く度に設備が拡張され、商品も増えていて「いつになったら背中が見えるのか?」などと感じさせられます。

石けんのことや福祉のこと、時事問題に加えなぜか日本刀の話などで数時間過ごさせていただきました。

すずかぜ工房でまだまだやれていないことを自覚、そして原点を再確認したひと時でした。
 
道路標識石けん
2011-07-26

今月より販売しております。

単純に「おもしろいかな?」くらいのノリで作った商品だったのですが、お客様の反応は上々。
それぞれに意味付けをして購入されているようです。

地域の交通安全運動などにもいかがでしょうか?

 
秋よ来い
2011-07-21
すずかぜ工房の石けんは機械練とか中和法といった製法では無く、昔ながらの釜炊きで作ります。
天然油脂とアルカリを釜で加熱して反応させて石けんにするのです。

たいして大きな釜ではないのですが、半日加熱し続けるので釜のある場所はとても暑くなります。

最古参の利用者Sさんに「ちょっと釜(の仕事)手伝って」と言うと「行ってらっしゃい」と返されました。

早く秋にならんかな。

特定非営利活動法人
すずかぜ工房

〒939-8114
富山県富山市城村147番地3
TEL.076-481-7323
FAX.076-482-2338
─────────────
障がい者福祉サービス事業

─────────────

手作り石鹸の制作・販売

─────────────

 
005910
<<特定非営利活動法人 すずかぜ工房>> 〒939-8114 富山県富山市城村147番地3 TEL:076-481-7323 FAX:076-482-2338